三十三間堂と京都国立博物館(その1)

京都へ行ってきました。

三十三間堂と京都国立博物館へ行くのですが出発が遅かったので、まずはお昼ご飯を食べに「吉野」へ行きました。

お店は路地裏の奥にあるんですが、この提灯がないとたどり着けないと思います。

入ると、4組くらいのお客さんがいました。

まずは、焼きそば。見た感じはいたって普通なのですが、なんか美味しい。

続いて、お好み焼き。外はパリッと、中はふわっと。

ソースは、2種類あって辛口と甘口があります。甘口の方が好みでした。お店やおばちゃんの雰囲気が良かったです。

では、一つ目の目的地の三十三間堂へ。

1001体もの仏像が並んでる様は、圧巻です。

ちょうどタイミングよく解説を聞くことができました。

仏像は、1年で20体ずつ現状維持のための補修を行なっていて、50年をかけて全て補修していくそうです。

また、建築当時の内部は、極楽浄土を表現していたようで柱にも色が塗ってあったそうですが、明治に入ってから消してしまったそうです。柱をよく見るとうっすら面影が確認できます。

他にも色々と教えてもらえました。

次は、京都国立博物館へ行きます。