抽出器具がコーヒーの香味に与える影響について考えてみる

いつもコーヒー豆を購入しているお店が開催する「抽出器具がコーヒーの香味に与える影響について考えてみる」という名のワークショップに参加してきました。

コーヒーを淹れる為に、こんなにもたくさんメーカーの器具があります。

僕がいつも使用しているのは、ハリオV60ドリッパーです。お店は、KONOの名門ドリッパーで淹れているそうです。

台形、円錐、ペーパー、ネル、金属など12種類のパターンで検証します。

条件は蒸らしを40秒、抽出時間は4分で統一。コーヒー豆は、パナマ産のクセの少ない品種で、それぞれの器具に適した粗さで用意されています。

さすがに12種類の飲み比べは結構辛いです。

最初に器具を購入する時には、本やネットの情報を頼りに選びましたが、実際飲み比べてみると違いがはっきり分かります。

大まかな印象はこんな感じです。

  • 金属フィルター  油分や粒子がそのまま抽出され苦手、手入れは楽
  • ネルドリップ   まろやか、同じ条件での抽出は難しい(目詰まりしていく)
  • カリタ、メリタ  すっきり
  • KONO、ハリオ  しっかり
  • エアロプレス   安定した抽出ができる

個人的には香りが残りつつ、すっきりした味わいのメリタのドリッパーが好みでした。反対に金属フィルターは、どの器具を使用しても苦手な感じです。

とても勉強になるワークショップでした。

コーヒーを自分で入れ始めて半年くらい経ちますが、奥深さにますますハマリそうです。