Go Green Market in Nagoya

ノリタケの森で今日から開催されている「Go Green Market」へ。

2010年からやっているみたいですが、先週の豊田市美術館に出店していたお店の出店カレンダーで知りました。

欧米で近ごろよく耳にする「GO GREEN」という言葉。
それは、「緑化」のみでなく、地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮しを送るという意味を持っています。

多種多様なスタイルがありますが、オーガニックな食べ物や自然素材のプロダクト選ぶこと、ゴミを減らしてリサイクルすること、アウトドアで遊ぶこと、DIYでつくること、などなど。
「ロハス」と意味合いは似ていますが、精神論だけでなく、もっと実践的でアクティブな潮流と言えるでしょう。

Go Green Marketin Nagoyaでは、プリミティブなアンティークやガーデンジャンク、リネンウエアを扱うショップや、オリジナリティにこだわった園芸店、ラブ&ピースのメッセージを持つアーティストたちなど、およそ50軒がテントを並べ、欧米の田舎町で開かれるアンティークショーさながらの世界を作り上げます。

四季ごとの花を公開しているフローラルガーデンを会場としているため、緑の中を散歩しながら初夏の草花を体感できるのも、このマーケットの特徴です。

via:Go Green Market in Nagoya

初めて行ったのですが、駅近くに大きな広場と森林があるのはとても心地が良いですね。また、昔の赤煉瓦造りの工場も保存されています。

植物を扱うお店が多数ありました。それぞれ個性があって面白いです。

子供の日も近いので、大きな鯉のぼりも上がってました。水遊びしてる子供達もたくさんいました。

とても良い天気だったので、大勢の人で賑わっていました。お昼ご飯を食べるなら、行列を覚悟しないといけません。

ブラブラするのにはもってこいで、見てるだけでも十分楽しめました。

ノリタケの森には、駐車場はありますが11時の時点で既に満車でした。回転は速そうなので、しばらく待てば入れるかもしれません。