ドリップコーヒー

昔は、ブラックコーヒーなんて全く飲めなかったのですが、歳を重ねたことによって美味しさがわかってきました。

ドリッパーもハリオ、カリタ、メリタ、KONOなど本当にたくさんあります。

そんな中で選んだのは、陶器製のV60ドリッパー。

プラスチックだと熱で割れる可能性がありますが、陶器製だとその心配はありません。しかし、陶器製なのでお湯を注いだ時にドリッパーに熱が伝わって温度が下がってしまいます。そこで、一度お湯をかけて温めておきます。

ミルは、登山の時に持ち運びの便利なポーレックスに。

セラミック刃で、水洗い可能なところも扱いやすいですね。粗さもダイヤルで調整可能です。

ドリップケトルは、タカヒロ製にしました。見た目重視で、ディモンシュ別注のブラックです。細口ではありませんが、注ぎやすいですね。

一通り道具を揃えて、早速淹れてみました。

お店で飲んで美味しかったので、その豆を購入しましたが、何かが違う。

豆の知識もないけれど、美味しく飲めるようになりたいですね。

コーヒーショップもドリップ教室を開催しているので、参加して勉強していきます。