G350Dの試乗とAMG E63S 4MATIC+を見てきた

今日は、地元のヤナセ主催のベンツとアウディのハイパフォーマンスフェアへ。ディーラーでも普段見れないモデルが揃って、さらに試乗も出来るということで行ってきました。

まずは、G63です。

ベンツで一番好きなのが、このGクラス。スクエアなフォルムがカッコ良いです。ドアを閉めた時の金属音や重いドアなど、いかにも丈夫そうです。何年乗っても飽きはこないと思います。

モールには、カーボン素材が。

内装は、とても豪華です。ダイヤモンドステッチのデジーノレザーやカーボンパネルなど、オプションが多数ついていました。試乗車をしたかったのですが、G350Dであれば用意がありますとのことで試乗をお願いしました。

普段は車高の低いミニに乗っていることもあり、サイドステップに足をかけて乗り込むのは新鮮です。 エンジンの始動は、昔ながらのキーを差し込みひねるタイプです。サイドブレーキは、左ハンドル仕様のままなので助手席側にあります。

まず、通りに出るため左折をしますが、思いのほか曲がりません。ベンツは小回りがすごく効くので、そのイメージをしていました。

走り始めますが、見晴らしが良くてボンネットにウィンカーが付いているので感覚も掴み易いです。また、かなり重いはずですがトルクがあるのでストレスなく加速します。ハンドルはそれほどクイックでは無く、最初は戸惑いましたが、ある程度走ると乗り易く感じられました。

G63とは、エンジンも違うので判断のしようがありませんが、そんなに速度を上げずにゆったり走るのが向いているかなと思いました。

試乗を終えると外にはE63Sがありました。スターダストエフェクトと呼ばれる構造のテールライト。

人それぞれの好みがあるとは思いますが、今のベンツのデザインはBMWやアウディより頭ひとつ抜けている感じがします 。ベンツのシルバーは良いですね。

内装は、かなりモダンです。

フロントもEクラスが一番均衡が取れていると思います。

残念ながら試乗をする時間がありませんでしたが、良い音がマフラーからしていました。

こういったモデルに触れられる機会があるのはとても嬉しいですね。是非来年も開催されれば見に行きたいです。