【ポルシェ】718ケイマンのタイヤがパンク

718ケイマン
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

運転にもだいぶ慣れてきた矢先の出来事でした。いつもの通勤ルートで、左折時にハンドルを早く切り過ぎてしまいドーンという音と共に縁石に左サイドをヒット。

朝から血の気が引いてしまいました。いつもの慣れた道なのに、しっかり減速してから曲がらなかったことが原因です。結構擦ったのですが、しゃがんで見ない限りは傷がそれほど分からないのが不幸中の幸いでした。結構な衝撃があったので、タイヤがパンクしていると思ったのですが、パッと見話からず、空気圧モニターでも特に異常もなかったので仕事に取り掛かりました。

帰宅時にもう一度タイヤ周りを確認すると、このような大きなこぶが出来ていました。あんな音がしたからタダでは済まないと思ってはいましたが。

これは再度の繊維が切れている状態なので、このまま走り続けると破裂する可能性があります。早速、タイヤ屋さんに電話するも265/45/18のサイズは在庫がないため取り寄せになり、納期に1週間ほどかかるとのことでした。

それからは、スピードも出さずなるべく乗らないようにしました。

今回は、選択肢がなかったのでピレリのP ZEROに。もちろんポルシェ認証のNタイヤです。元から付いていたのは、グッドイヤーの「イーグルF1アシンメトリック2」。グリップ力がすごく高いと感じたことはないですが、乗り心地も良く、特に不満もない良いタイヤでした。

預けて30分くらいで作業が終わりましたが、空気圧を調整したけどエラーが消えないと店員さんから言われました。718ケイマンにはTPMSが付いているので、タイヤ交換をした後はしばらくしないと車両側で無線を拾わない事を伝えて車を受け取りました。

その後、10分ほどで認識されてエラー表示も消えました。

今後は、自身の不注意での事故のないよう、気を引き締めて運転しないといけません。

  • メーカー:ピレリ
  • サイズ:P ZERO N PORSCHE承認
  • サイズ:265/45/18
  • 値段:62,840円(2本、組み替え工賃、廃タイヤ処理代込み)
  • 走行距離 19,341km

コメント